予備校の教材、テキストの高額買取なら専門書アカデミー

予備校や学校の教材、テキストを処分する前に、納得のいく方法をご紹介

中学校、高校に通っている人の中には教科書以外の教材やテキストを使って勉強をした人も中にはいると思います。

 

また、特に予備校に通っていた人はその予備校オリジナルの教材やテキストを必ずと言っていいほど使って勉強をします。

 

受験勉強をしていたときの教科書や専門書もそうですが、受験が終わるとそれらの物を見返すことはほとんどありません。

 

進級して学年が上がったときも同様、いつか何かの約に立つかもしれないと思って家に取っておいても、基本的に学問は次々と新しい情報が毎年入ってくるものなので、何か勉強をしようと思った時は必ず新しい物を購入します。

 

そのため、これらの予備校の教材やテキストは場所もとりますし、早々に処分を考えてよい物なのです。

 

 

しかし、学校や予備校でがんばっていた受験勉強に使っていた教材やテキストなのですから、ただ捨てるのは忍びないという方もいるかと思います。

 

そんな人には教科書専門の買取サービスの検討をおすすめします。

 

教材やテキストを買取サービスで買い取ってもらうことに関しては多数のメリットがあります。

 

@お金になる
捨てる場合は決してお金になることはありませんが、教科書買取サービスでは現金で買い取ってもらえます。

 

いくらになるかは売ってみないとわからないところではありますが、専門の業者では街の古本屋では買い取ってもらえないような教材やテキストも買い取ってもらえることもあります。

 

多少でもお金になるほうが確実にあなたの役に立てます。

 

ちなみメルカリのようなオークションで売る人もたまにいますが、手間暇考えると圧倒的に教科書買取のほうがおすすめ。

 

余程使い慣れているなら良いかもしれませんが、売れるように写真をとって投稿したり、落札者とのやり取りやトラブル対応もする必要があります。

 

名前や書き込みがあることに対するクレームがあったりすることも。

 

また、そもそも売れない可能性もあるでしょう。

 

私なら絶対にオークションを選択することはありません。

 

 

A捨てるよりも楽に処分できる
最近のサービスが向上した買取サービスでは捨てるよりも楽に教材やテキストを処分することができます。

 

買取業者の中には宅配買取という自宅で段ボールに詰めて待っているだけで、取りに来てくれるサービスをやっている場所もあります。

 

これがわずか5冊以上あれば段ボールも訪問も買取額の査定も無料。

 

仮に値段がつかなくても無料でそのまま処分してくれます。

 

重たい教材やテキストを持ってゴミ捨て場に行くよりも、楽に処分できるのです。

 

教材やテキストを売るタイミング

次に売るタイミング。

 

「もしかしたら使うかも」ということで何年も捨てられずに家に取っておく人もたくさんいますが、最終的に見返すことなく処分するのがほとんどです。

 

基本的に、中学、高校、大学の受験に使った教材やテキストは進学すれば使うことはありません。新しい学校で教科書や参考書、教材も新規でたくさん買うことになります。

 

なので新生活が始まる前、もしくはGWに入ったあたりの連休中に処分してしまって問題なしです。

 

特に高校を卒業後、大学や専門学校で一人暮らしを始める人は特に注意が必要で、余計な荷物は持っていかないことです。

 

これまで住んでいた実家とは比べ物にならないくらい狭いアパートやマンションで生活することになるので不要な教科書を持っていくのは引っ越しのときも手間ですし、一人暮らしで家事をして学校にも行って友達とも遊んで、それらをしながら教科書の処分は億劫でたまらないでしょう。

 

その前に確実に処分することをおすすめします。

 

 

一方、進級により学年が上がるタイミングに関しては、僅かながら古い教科書を使って授業をする先生も中にはいます。(もちろん、メインで使い続けることはありませんが、参考として授業に持ってくるように指示する人はいます)

 

そのような可能性がある場合は半年、あるいはよほど心配な方は1年とっておいて使用しなければ、今後使うことはないので安心して処分に踏み切ってください。

 

 

教科書もそうですが、教材やテキストも基本的に新しければ新しいほど高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

 

大事なことなのでもう一度言いますが、使い終わった教科書を見返すことはほぼありません。

 

いつまでも不要な物を取っておかずに思い切って処分する方向に踏み切ったほうが部屋も綺麗になり高く買い取ってもらえる可能性が上がることを覚えておいてください。

予備校の教材、テキストの買取サービス

本の買取サービスにおいて、一般的に予備校の教材やテキストの買取は不可とされている業者が多いですが、中にはこれらの教材の買取を行っているところもあります。
それらの業者の中でも予備校の教材やテキストを売るなら専門書アカデミーという買取サービスがおすすめです。

 

専門書アカデミーであれば、駿台、河合塾、代ゼミ、東進などの大手予備校から、鉄緑会、SEG、大数ゼミなどの少数精鋭予備校のテキストや教材まで幅広く買取を取り扱っています。

 

さらに、大学、高校受験の予備校だけじゃなくても、資格、就職、医師国家試験などの予備校テキストや教材、CD、DVDまでも取り扱っています。

 

これらのテキストもしっかりと目利きされ、有名予備校や人気がある講師の方のものであれば高額で買い取ってもらえたりします。

 

また、予備校のテキストや教材は授業でもしっかりと使っていた物が多く、ペンやマーカーで書き込みのある物もたくさんあったかと思います。

 

書き込みがある場合でも、減額はありますが、買取可能となっているのでその点は安心して下さい。

 

 

なお、書籍の買取で誰もが思いつくブックオフなどの有名な大手のサービスでは、そもそも予備校の教材やテキストの買取を行っていなかったり、書き込みはNGであるばかりか、基本的に目利きは行わず、発行日から除々に買取額が下がっていくシステムをとっています。

 

実は高額で買取される物が発行年数だけで安く見積もられることも多いので、これらの業者は大手という安心感はありますが、予備校のテキストや教材の買取にはあまり適していないと言えます。

 

同様に、その他の古本屋等で売却するときも同じことが言えます。

 

 

その他、買取価格を保証している具体的な書籍名が公式サイトに掲載されていたり、「20冊以上で+200円、30冊以上で+300円〜100冊以上で+1000円」というようなまとめ売りにお得なサービス等もあります。

 

ブックオフで漫画を売るような一冊何十円の世界ではなく、思った以上の高額で買い取られることも多いので、予備校のテキストや教材の処分を考えている方はただ捨てるだけではなく、買取サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、医学、薬学、看護、作業療法などの医学系の分野の物であれば、同じ会社で運営されている医学系の書籍の専門買取サービスであるメディカルマイスターのほうがおすすめとなっています。