書き込みが多少であれば本を買い取ってもらえる業者も有

名前やマーカー等の書き込みがある教科書でも買い取ってくれる業者

学校で使用した教科書、専門書、参考書等は自分の名前を書き込んでいたりマーカーで線などを引いている場合があります。

 

このような書籍は、買取の値段が下がる以前に、ほとんどの業者で買取を断られてしまいます。

 

ブックオフ等ではこのような書き込みがある書籍の買取は一切受け付けてもらえません。

 

 

しかし、そうは言っても学校で使う教科書については、名前を書いたり書き込みを行うことはごく当たり前のことです。

 

寧ろ何も書いていないほうが珍しいくらいでしょう。

 

そこで、書き込みがあっても買取可能である業者を調べてみました。

 

 

該当するのは、「専門書アカデミー」「メディカルマイスター」「バリューブックス」という業者になります。

 

どこも多少の書き込みであれば、減額はありますが、買い取ってくれるとしています。ちなみにカバーや付属品のDVD等を紛失している場合でも買取可能。

 

書き込みの程度については、実際に査定をしてみないと何とも言えませんが、一般的な目安は3割程度以内の書き込みであれば買い取ってもらえます。

 

とにかく書き込みのある本の買取は一切不可の業者が多い中、とても貴重な存在となっています。

 

 

特に「専門書アカデミー」は、一般的な教科書、参考書、専門書等を専門に買い取ってくれる業者となり、査定のスピードや返送無料等のたくさんのオプションやキャンペーンを考えると一番おすすめできますます。

 

買取対象のジャンルは非常に幅広く、医学や看護学等の医学書、物理や化学や数学等の理系教科書、法律や経済や経営等の教科書、IT等のコンピュータ類の参考書等、ここに記載した以外のジャンルや塾等の教材やテキストまでも買取可能です。

 

「メディカルマイスター」は、教科書や専門書の中でも医療系の分野の書籍買取に特化した業者です。

 

「バリューブックス」は、こちらも一般的な教科書、参考書、専門書を専門に買い取ってくれる業者で「専門書アカデミー」と買取対象は似ていますが、こちらは予備校のテキストやバーコードがついていない物を買い取ってもらえない点がデメリットとなります。

 

比較すると、基本的には「専門書アカデミー」を利用し、どうしても予備校のテキスト本医学書看護薬学の教科書を売却したい場合は、「メディカルマイスター」を利用すると良いです。

 

教科書にどのくらいの書き込みがあると買取不可になるか

書き込みがあっても買取可能とは言っても限度はあります。

 

あまりに書き込みが多すぎると買取不可や相当低い値段がついてしまうのは避けられません。

 

 

一般的な目安としては本全体の3割ほどの書き込みであれば買取OKとされています。

 

教科書の3割以上書き込まれているという状態は、授業中相当熱心に書き込みを続けないと達さない量です。(特に大学の教科書や専門書、参考書は書き込む頻度も少なめ)

 

結局不要な教科書なので査定に出すことになるとは思いますが、そもそも売れる売れないは3割前後が目安と考えておいてください。

 

 

書き込みがある教科書はどのくらいの値段で売れる?

名前を書いている本は、基本的には買取査定額がそれなりに下がってしまいます。

 

値段の下げ幅は書き込んだ量に比例していきますが、相場でいうと大体3割〜5割ほどの値段がマイナスされてしまうようです。

 

例えば買取額が3000円の教科書であれば約1500円〜2000円ほどになってしまうということです。

 

これは一例ですので本の価値は書き込み以外の状態によっても変わりますが目安として参考にしてみてください。

 

 

書き込みがあっても、捨てるよりはとりあえず査定に出してみる

 

このように、買取自体は可能なので書き込みがあるからと売却を諦めずに、まずは査定してもらうことをおすすめします。

 

上記の業者はわずか5冊から送料無料で査定をしてもらえるので、売りたい教科書が5冊以上あるのであれば、名前やペンでの書き込みがあったとしてもとりあえず査定に申し込んでみましょう。

 

それで値段がつけばそのまま売ればよいですし、仮に買取不可でもそのまま無料で処分してくれます。

 

どのみち処分する書籍なので買取不可だったとしてもそのまま業者側で処分してもらうのが一般的ですが、例えばどうしても納得がいかないから他の業者で査定を出してみたいということであれば、無料で返送してもらうことも可能です。

 

査定に出すことによるデメリットはありませんのであなたがもし書き込み有りの教科書が売れるかどうかで悩んでいるのであれば、とりあえずで申し込んでも何も問題もないので、まず査定を試してみることをおすすめします。