医学書の高額買取ならメディカルマイスター

医学の教科書・専門書を処分する前に、おすすめの医療系教科書買取業者をご紹介

医療系の大学や専門学校で取り扱っている教科書や参考書、一般書店で取り扱っている医学書、予備校や塾で扱っているテキストまで、医療関係の書籍は、本の買取価格が高いジャンルの一つです。

 

買取業者であればほとんどのところで売ることが可能となっていますが、実際に数ある買取サイトの中からどこの業者で申し込めば高額で買い取ってもらえるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

使わなくなった教科書はある程度の時間とっておき、ふと気が付いたときに捨てるという人が大半です。

 

ただ処分するくらいなら、せっかくなので医学書を高価買取してくれるような業者を選びましょう。

医学書のおすすめ買取サービス

数ある業者の中から比較検討した買取業者のランキングはこちらのページに記載していますが、結論を言うと、医学書を売るならメディカルマイスターという買取業者が最もおすすめです。

 

メディカルマイスターはその名の通り、医学書の買取に特化した医療系教科書の買取業者となっており、他の業者よりも医学書の買取価格が高額になることが多いです。

 

 

通常、街のブックオフや古本屋の買取では、本の出版日から時間がたつにつれて値段が下がっていくシステムをとっており、これに本の汚れなどが加味されて買取額が決まります。

 

ブックオフや古本屋で本を売ったことがある人はご存知かもしれませんが、売れても10円、20円、高くても100円程度ということがほとんどかと思います。

 

一方のメディカルマイスターはこのような決め方ではなく、本1冊1冊の価値をしっかりと査定して値段を決めています。人気があったり希少価値が高い医学書であれば、購入時の値段よりも高値で売却可能なことすらあるのです。

 

このような目利きは、買取業者であれば行うものですが、やはり査定を行うスタッフの専門知識によっては結果が左右されます。教科書や専門書の買取と謳って幅広く買い取ってくれる業者も多いですが、医学書については医学に特化したスタッフを揃えているメディカルマイスターが最も適しています。

 

 

また、査定スタッフが優秀というところだけではなく、10冊以上のまとめ売りであれば送料無料、予備校や塾のテキストのような非売品であっても買取可能、書き込みがあっても買取可能となっている等、細かいサービスについてもレベルは高いです。

 

特に大学生や専門学生はマーカー等で書き込みすることもあると思うので、書き込みがあっても買取可能というところは嬉しいポイントでしょう。

 

以下は買取の例となります。医学書はそもそもの元値が高いため、まとめて売ることができればかなり高額で買い取ってもらえることもあります。

 

 

例1:医学書・医学専門書、看護学の大学教科書・専門書 約25点 約9000円

例2:医学書・医学専門書、看護学の大学教科書・専門書 約85点 約21500円

例3:医学書・医学専門書、看護学の大学教科書・専門書 約10点 約4000円

 

ちなみにメディカルマイスターの特徴として、

 

  • 5冊以上で送料無料
  • 返品送料無料
  • 初版から3ヶ月以内の書籍は定価の30パーセント以上、半年以内で定価の20パーセント以上、1年以内で定価の15パーセント以上
  • 名前やマーカーなどでの書き込み、カバーや箱の紛失があっても買取
  • 段ボール無料プレゼント
  • 自宅まで訪問してくれる自動出荷サービス

 

等があります。

 

5冊か送付無料でかつ自宅まで訪問してくれる自動出荷サービスを採用していることで、ゴミの日にゴミ捨て場に持っていくよりも楽に買取を申し込むことが可能となっています。

 

また、初版から一定期間内の教科書について最低保証がされており、早く売れば売るほどお得となっています。

 

ちなみにこの保証については同一の書籍5冊までは適用されます。

 

もしも仮に同じ様に処分に困っている同級生がいたらあなたが代表して売ることでみんなの交友費にあてたりすることも可能です。

 

 

医学書は扱う教科書の量も多く1冊1冊も分厚く場所をとってしまうため、捨てて処分したり後輩にあげたりすることが多いかと思います。

 

しかし、思っている以上に医学書の買取額は高額であるため、売りたいと考えている方は一度買取サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

医学書を高く売るコツについて

これから申し込むまでの間に誤って売値を下げてしまうことがないように、医学書を高く売るためのポイントを紹介していきます、

 

汚れは極力少なくする

教科書は綺麗であればあるほど高く売れます。

 

今まで使用していた分の汚れや名前やマーカーでの書き込みは今からではどうしようもありませんが、申し込みまでの間に少しでも汚さないように気を付けてください。

 

意外と食べ物やジュースをこぼしたりすることもあります。また、直射日光や湿気の多い環境に保存することで本が色褪せたりする等、状態が悪くなることもあります。

 

あとは、重ねて置いておくときに誤って折り目をつけたまま上から他の教科書をのせて完全に折り目がついてしまう可能性もあります。

 

これは段ボールに梱包するときも同じ様に気を付けなければいけないポイントです。

 

せっかくの売り物になるわけなので、短い期間であっても買い取ってもらうまでは保管にも気を付けてください。

 

早めに売る

前述したように教科書は発行年数が新しければ新しいほど高く売れる可能性が高く、期間によっては最低保証額も設定されています。

 

そのため、思い立ったらできるだけ早く売るほうが高く買い取ってもらえるでしょう。

 

ちなみに3月末、4月初は買取業者への申し込みが混雑するため、査定に時間がかかることがあります。

 

もしもすぐに売って手元にお金が欲しいという場合は不要になった時点ですぐに売ってしまうほうが何かと事が早く進みます。

 

 

なお、こちらではコントロールできない可能性ですが、買取業者のほうで在庫をたくさん抱えている場合、同じ書籍は値段が安くされてしまう可能性があります。

 

あまりのんびりしていると繁忙期期間に在庫をたくさん抱えてしまう可能性も0ではありません。

 

そういう意味でも早めに売ってしまうのが得策です。