IT、プログラミング本、コンピュータ技術書、パソコン書の高額買取なら専門書アカデミー

IT、プログラミング、コンピュータ技術書、パソコン書を処分する前に、おすすめの買取業者をご紹介

IT、プログラミング書籍、コンピュータ技術書、パソコン書などの技術書関連の参考書は一度覚えてしまえば自分の知識として頭の中に残るので、後々に見返すことは少ないものです。

 

多少忘れていたとしても基本さえ覚えてしまえばあとは感覚でなんとか操作もできるでしょう。そのため、使わなくなった技術書が本棚に眠っていて、処分したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

そのような場合、せっかく大学や専門学校、就職で購入した教科書や参考書をただ捨てるのは勿体ないので買取サービスでの査定をしてみましょう。元値が高価で分厚いコンピュータ技術書は買取額も高くなる傾向があります。

 

買取サービスでしっかり査定をしてくれるところを選べば、古本屋のように100円200円の世界ではなく、全部で数千〜1万円以上で買い取ってくれる可能性もあります。

 

査定に出すのも自宅からの宅配で簡単にできるので、捨てることを考えているのであれば、せっかくなので買取サービスに出してみることをおすすめします。

IT、プログラミング、コンピュータ技術書、パソコン書の買取サービス

買取サービスはたくさんのサイトがありますが、IT、プログラミング、コンピュータ技術書、パソコン書などの技術書関連を売るなら専門書アカデミーが最もおすすめです。

 

「専門書アカデミー」は、教科書や専門書に特化した買取サービスとなっており、1冊1冊、専門のスタッフがしっかりと査定をしてくれます。

 

通常の古本屋やブックオフなどの買取額の決め方は、本の出版日から徐々に値段が下がるシステムをとっており、これに本の汚れ具合等を合わせて値段が決まります。

 

本1冊1冊の価値はあまり関係なく新しいか古いかで売却値段が決まってしまうのです。それも買取は数十円や高くても数百円程度となっています。

 

 

一方の専門書アカデミーは目利きができるスタッフが査定を行っており、本1冊1冊の価値を見て値段を決めるので、買取額はまったく異なるものとなります。

 

買取の実績も非常に豊富でWindows、MACなどのコンピューター、パソコン、インターネット全般やHTML、CSS、JavaScriptなどのインターネットサイト制作、C++、JAVA、Python、COBOLなどのコンピューター言語やプログラミング関連の教科書や専門書等、幅広く取り扱っています。(ハードウェア、データベース、デザイン、グラフィックス、ネットワーク等も含む)

 

また、10冊以上売るのであれば送料が無料で、教科書や予備校のテキストを売るときに最も気になる、名前が書いてあるような書き込みがあっても買取可能等、細かいサービスレベルも非常に高くなっています。

 

ちなみにIT関連の技術書は技術の移り変わりも早い業界なので、不要となったらすぐに売ることをおすすめします。

 

Windows、スマートフォン、Excel、Power Point などのパソコン関連は基本的に新しければ新しいほど買取価格は高くなります。ホームページ、SEOト、SNS関連等も流行の移り変わりが激しいので同様に早めに売るのがおすすめ。

 

一方、C言語、JAVA、PHP等のよく使われるプログラミング言語の専門書は多少古くても需要があるため買取価格は高くなる可能性があり、専門性や希少性の高い高度な技術書も同様です。

 

上記のように物によっては査定の傾向に特徴がある場合もありますが、基本的に不要になったらなるべく早く買い取ってもらうのが高額になるコツ。

 

自分が思っている以上に高額で買い取ってもらえるかもしれませんので、買い取ってもらったお金で新しい技術書を購入する等、有効活用していきましょう。