教科書・専門書買取業者を徹底比較

"教科書・専門書の買取額を少しでも高くする"知識と買取業者比較のご紹介

 

学生時代に必ずと言っていいほど使用する教科書や参考書、専門書は、使い終わるとそのほとんどを資源回収やごみに出しているかと思います。

 

中には、「いつか使うかもしれない」「教科書をごみに出すのは気が引ける」という理由でいつまでも本棚やクローゼットに残し、場所をとられている人もいます。

 

教科書や参考書は高価で、入学時に大きな出費を出して買った人にとっては、中々捨てにくいという気持ちも確かにあります。

 

また、数も多く、ごみや資源回収に出すための荷造り等もそれなりの手間となってしまいます。

 

 

そのようなときには教科書の買取専門店というものがあります。あなたのクローゼットに眠っている教科書を、思った以上の値段で買い取ってもらえるかもしれません。

 

教科書買取専門店について説明する前に、買取の方法はいくつか手段があるのでそれぞれ比較していきましょう。

まずは教科書を売る3つの手段をご紹介

@ブックオフ等の実店舗で買取をしてもらう

通常、私たちがよく利用するブックオフ等の有名どころの古本買取では、本の買取対象を漫画や文庫本等としており、教科書や参考書、専門書はほとんど買取対象外となっています。

 

また、店舗まで直接持ち込む必要があり、車がなければ重たい教科書を持ち込むのは一苦労します。

 

Aオークションへの出品

一見、オークションは買取額を高くできそうな手段ですが、実際にやった人を見るとデメリットが散見されます。

 

まずは手間。自分で出品する教科書や専門書の写真を撮り、説明文を考えなければいけません。説明文も使い込み具合や書き込みがあるかどうか等をちゃんと明記しないとトラブルの元になります。

 

当然、全部が落札されるわけではないので売れなかった物は写真や説明文、値段等の修正が必要。

 

落札されたら配送のための荷造り。

 

ここまでやっても全て売れる保証はないどころか、売れ残る物のほうが多い可能性が高いです。

 

時間に余裕があり、オークション登録や配送荷造りの手間暇をかけることが可能な人向けです。

 

B教科書買取専門店

基本的に上記で述べた2つの手段のデメリットを全て解消し、さらに買取額も高く買い取ってくれる可能性が高いのが教科書買取専門店です。

 

教科書買取専門店は、教科書や専門書の買取はもちろん、通常の古本屋では確実に買い取ってもらえないような予備校のテキストや名前やマーカーなどの書き込みありの教科書も買い取ってくれる業者もあります。

 

さらに、1冊1冊を専門のスタッフがしっかりと目利きし、価値があるものにはしっかりとした値段がつきます。

 

査定の際に送る場合も段ボールに詰めて送るだけ、わざわざゴミの日まで待って出したりする必要もありません。(最近では段ボールで送付する手間すら省いた、自宅で待っているだけでとりに来てくれるサービスすらあります)

 

ちなみに汚れがひどい等の理由で買取ができない物があったとしても、送り返されたりすることはあとは業者のほうでそのまま処分してもらえます。

 

このように、教科書を処分する場合は教科書買取専門店を利用するのが一番楽でお金も入る方法なのです。

 

 

なお、買取にはそれぞれの業者によって、このジャンルの教科書を売るならA業者がおすすめ、このジャンルの専門書を売るならB業者がおすすめ、というようにそれぞれ得意なジャンルや不得意なジャンルがあります。

 

A業者では100円で売れたが、B業者では200円で売れることもあります。

 

そもそも買取可か買取不可か、業者によってわかれることもあります。

 

 

当サイトでは各教科書買取専門店を徹底的に調べ、メリットやデメリット、口コミ評判を元に比較ランキングを作成しています。

 

教科書を売りたいと考えている方はご自身が売ろうとしている教科書と照らし合わせて、最適な買取業者選びの参考となれれば幸いです。

 

 

追伸:看護師の教科書、薬学の教科書、医学書は特に高く売れる傾向にあるので下記の関連ページをご覧ください。

 

関連ページ:看護師の教科書・看護書を高く売ることができるおすすめ買取業者

 

関連ページ:薬学の教科書・専門書のおすすめ買取業者

 

関連ページ:医学書、医学専門書を高く売ることができるおすすめ買取業者

教科書・専門書買取業者比較表

 

バリューブックス

専門書アカデミー

メディカルマイスター

学参ブックス

ネットオフ

【大学・専門】教科書/専門書

【高校】教科書/専門書

×

×

×

×

予備校・塾のテキスト

×

×

送料

500円

10点以上で無料

10点以上で無料

20点以上で無料

30点以上で無料

買取不可商品の処分

×

査定期間

約3日

査定自動承認で振込まで3日

査定自動承認で振込まで3日

約1週間

約1週間

書き込みがある本の買取

×

×

得意ジャンル 教科書、専門書、参考書、辞典、エンタメ等 教科書、専門書、参考書、問題集、予備校テキスト等 医学・看護学・薬学等の医療関係 受験の参考書

-

おすすめポイント 事前査定、買取額1.5倍、宅配買取 予備校テキスト買取可、宅配買取 予備校テキスト買取可、宅配買取 - -

 

各買取業者を厳選し、比較してみました。
最もおすすめできるのは「バリューブックス」という業者です。

 

こちらの業者は「事前査定」「買取額1.5倍」「買取金額明細」「書き込み本の買取有」等のオプションが非常に充実しており、教科書や専門書を買い取ってもらうのであれば検討に入れておきたいところです。

 

対応も丁寧で初心者にとっても安心して取引できます。

 

教科書・専門書買取おすすめ業者ランキング

バリューブックス

他の買取業者を一歩抜け出した新サービスを開始したのがバリューブックス。
その大きな特徴は「事前査定」と「査定額1.5倍」にあります。
「事前査定」はWebサイトで本の名前を入力するだけで査定額の目安がわかる非常に便利な機能で、通常、段ボールで送付しないと金額がわからないところを事前に簡単に確認することができます。
「査定額1.5倍」はその名の通り、買取基準を以前の1.5倍としており、売る教科書が多ければ多いほど他の業者よりも高く買い取ってもらえる可能性が高くなっています。
その分、送料を500円の有料としていますが、送料は買取額から引いてくれますし、買取額が500円を下回る場合は無料になるので損することにはならない安心のシステムになっています。
また、「書き込み有でも買取可能」と名前や線が引いてあったとしても買取可能なところはとてもありがたいサービスです。

 

 

 

 

 

専門書アカデミー

大学の教科書や専門書、医学書、資格試験・就職試験などの教材を専門に買取を行っている業者です。
非売品である予備校や塾の教材も買取可能で、買取を取り扱っているジャンルの幅広さに定評があります。
5冊から送料無料となっているので予備校のテキスト等を売りたい場合や売る書籍が少ない場合は、バリューブックスよりも検討候補に入れて使い分けていくのがよいかと思います。
また、査定結果は通常、合計金額しか教えてくれない業者が多いですが、専門書アカデミーでは希望者には個別の査定結果を教えてくれます。
非常に多くの教科書を買い取っている実績も業界トップクラスであり、初めて教科書買取を行う方にも安心してお試しできます。

 

 

 

 

メディカルマイスター

医学書・医学専門書、看護学・薬学の大学教科書や専門書、教材等の医療系分野の買取を専門に行っている業者です。
こちらも非売品である予備校や塾の教材も買取可能となっており、個別の査定額も希望すれば確認することができます。
医療系分野にはとにかく強いので、医療関係の教科書や専門書を多く持っている方はこちらの利用がおすすめです。

 

 

 

 

学参ブックス

「大学受験」をはじめ、「高校受験」「中学受験」「小学受験」「各種資格受験」の受験関係の物を専門に買取を行っている業者です。
例えば高校を卒業した方が参考書を買い取ってもらおうとすると、基本的に受験関係の物しかありません。(高校の教科書は原則買取不可の業者がほとんどのため)
なので、受験関係の物のみを買い取ってもらう場合は検討の価値ありです。

 

 

 

 

ネットオフ

古本、CD、DVD、ゲーム等の幅広い商品を取り扱っている大手の買取業者です。
利用者や買取数も非常に多く、大手の安心感はありますが、教科書類は得意なジャンルではありません。
そのため、査定額も低くなる傾向にあり、送料無料条件も30冊以上からと厳しいため、よほど他の古本やゲームと一緒に売りたいと思わない限りは、教科書類については別の業者を検討したほうがよいでしょう。

 

ジャンルから選ぶ

作業療法、理学療法の教科書・専門書を高く売ることができるおすすめ買取業者

 

教科書・専門書買取業者おすすめランキング

 

薬学の教科書・専門書を高く売ることができるおすすめ買取業者

 

教科書・専門書買取業者おすすめランキング

 

看護師の教科書・看護書を高く売ることができるおすすめ買取業者

 

教科書・専門書買取業者おすすめランキング

 

医学書、医学専門書を高く売ることができるおすすめ買取業者詳細ページ

 

教科書・専門書買取業者おすすめランキング

 

IT、プログラミング、コンピュータ技術書、パソコン書を高く売ることができるおすすめ買取業者詳細ページ

 

教科書・専門書買取業者おすすめランキング

 

学術書を高く売ることができるおすすめ買取業者詳細ページ

 

教科書・専門書買取業者おすすめランキング

 

教科書・専門書を高く売るためのポイント

書き込みの有無

教科書買取業者には書き込み有りでも買い取ってくれるところと買い取ってもらえないところがあります。

 

また、当然ですが買い取ってくれるといっても書き込みがないほうが高く買い取ってもらえます。

 

在学中から買取のことを気にして勉強する人はいないので、「教科書への書き込みは少なくしましょう」なんて言ったら本末転倒ですが、なるべくなら書き込みは少ないほうが値段は高いということは覚えておきましょう。

 

汚れを少なくする

教科書の状態はできるだけきれいに保ちましょう。

 

紙媒体である以上、ページが折れ曲がったり、手垢で汚れたりすることは避けられませんがきれいな状態であればあるほど高く買い取ってもらえます。

 

ジュースや醤油をこぼしたりした大きなシミがあると最悪値段がつかないことも考えられます。

 

食べ物や飲み物がある机の上で教科書を置いておかないようにしておいてください。

 

また、ちょっと神経質かもしれませんが、段ボールで配送しているときの衝撃で傷がついたりしないように隙間をなるべくなくして詰め込むのも有効な手段です。

 

なお、できるだけ買った時の状態に近づいている必要があるのでカバーを付けるのはもちろんのこと、付属品で冊子、CD、DVD等がついているのであればそれらも一緒に出したほうがよいです。

 

発行年が新しい

学問の分野はどんどん情報が更新されていくので基本的に新しければ新しいほど需要があります。

 

そのため、発行年が新しいほど買取額は高くなります。「発行1年以内であれば〇%以上の買取保証」等のキャンペーンがある業者も。

 

特にITやプログラミング等の技術分野は進化が早いので情報は新しいほうが確実に良いです。逆に芸術や音楽などの普遍的な分野は大きく変わらないこともありますが、それでも新しいほうが有利であることは変わりありません。

 

売ると決めたら早めに行動に移したほうが高く買い取ってもらえるでしょう。

 

希少性、人気がある

教科書や専門書の中にも希少性や人気が存在します。

 

当然、それらが高ければ高いほど買取額は高くなります。中には購入したときよりも高く買い取ってもらえるようなプレミアがついているような書籍もあります。

 

ただし、出す側は買取業者の得意とする分野を抑えることはできても、希少性や人気を細かく把握して出すことはできないので、買取額がついてみないとわかりません。

 

そのため、上記の「ランキング」か「ジャンルから選ぶ」を参考に、あなたが売りに出そうとしている分野の買取を得意とする業者を選択していればおのずと結果はついてくるものになります。

 

ちなみに専門書アカデミーのこちらのページでは高額買取商品の書籍が記載されているので参考にしてみてください。

 

また、もしよくわからないのであれば試しに査定に申し込んでみて値段に納得がいかなかったら返送(無料)してもらうことも可能なので、結局はまずは試しに申し込んでみることが最良の選択になります。

 

業者の在庫状況

在庫状況というのは、業者が同じ書籍の在庫をたくさん抱えていれば、買取金額が安くなってしまうというもの。

 

この情報は業者から入手できるものではないのではっきり言って売る側ではどうにも制御できないものになりますが、敢えてこのポイントを意識するのであれば、みんなが教科書を売り始める3月、4月のシーズンよりも早く使わなくなった教科書をさっさと売ってしまうことです。

 

3月、4月は進級、卒業、受験等のイベントで一斉に教科書買取に出される時期になっています。

 

どうしても在庫状況が気になる場合はこの時期よりも早く動けばその可能性を多少減らすことができます。

 

なお、余程買取額に納得がいかない場合は、最終手段として送った教科書を返送してもらい別の業者に査定を頼むのも1つの手です。

 

返送料が無料の業者もあるのでそのような業者に最初に査定を依頼してみるのがおすすめです。(ただ、複数の業者に依頼するのも手間になるので余程納得がいかない場合だけでよいかと思います)